気ままな雑多日記

2020年6月よりブログを始めました。アニメ、漫画、ライトノベルなどについて記事を書いています。読者登録数200人を突破!気軽にコメント、いいね、読者登録してくれると励みになります。読者登録は基本お返しし、ブログに遊びに行きたいと思います。

【感想・考察】あらすじ公開!「よう実 2年生編 3巻」

この記事では2020年10月24日に発売される「ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 3巻」のあらすじに関する感想・考察を書いています。

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編3 (MF文庫J)

出典元:「ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 3巻」表紙

 

 

「よう実 2年生編 3巻」の特典情報などをまとめた記事は以下のリンクからどうぞ

www.study-25.info

 

「よう実 2年生編 2巻」の内容については以下のリンクからどうぞ

www.study-25.info

 

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 3巻

先日、公式twitterにて3巻のあらすじが公開されました。

その内容について感想・考察を書いています。

内容を予想している部分が多くあるのでご注意ください。

 

 

あらすじ①

今回の特別試験は2つの方法によって得点を獲得することができます。

そして、その得点数が一番多かったグループが優勝となりそうです。

 

得点を獲得する方法は以下の2つです。

  1. 毎日一定時間ごとに指示される指定エリアを訪れること
  2. 無人島内に設置された課題を制限時間内にこなすこと

 

1つ目の方が2つ目よりも比較的簡単に得点を獲得できそうな気がします。

指示を聞いて、指定エリアに向かうだけですからね。

まぁ、障害が仕掛けられたり、生徒同士で争うことになるので簡単ではないのかもしれませんが・・・

 

1つ目に関して、もしグループ内の1人でも指定エリアに訪れたら得点を獲得できるならば、複数人グループの方が有利になりそうです。

生活するための拠点を作るとして、拠点を防御するチームと得点を獲得しに行くチームの2手に分かれて行動することができますからね。

 

2つ目はこの試験が身体能力面だけではクリアできないことが伺えますね。

課題の内容や難易度がどの程度か分かりませんが、高得点を獲得するためには非常に高い能力が必要ではないかと考えられます。

 

あらすじ②

月城が学生同士の小競り合いを試験中は容認するようです。

どこまでを小競り合いとするかは分かりませんが、多少の暴力沙汰は多めに見そうです。

ある程度の武力行使もありになるのかもしれません。

身体能力に不安を覚える生徒たちには不利に働きそうです。

 

あらすじ③

単独で特別試験に挑む綾小路に1年Dクラスの七瀬が同行するようです。

これは予想外の展開だ・・・

 

2巻最後の月城と七瀬の会話から、七瀬が綾小路に近づくだろうとは思っていましたが、ここまで分かりやすく近づいて来るとは思いませんでした。

まず、七瀬は宝泉と天沢の3人で小グループを組んだと思っていましたが、その辺はどうなったのでしょうか?

これは七瀬の独断でホワイトルーム生として綾小路を退学させるためなのでしょうか?

それとも綾小路を退学し、賞金を得るための作戦として送り込まれたのでしょうか?

 

綾小路は七瀬とは学年が違い、グループが組めないため単独のまま行動することになりそうですね。

 

あらすじ④

「雅」と呼び捨てにし、「綾小路くん」と呼んでいることから3年生の朝比奈の発言の可能性が高そうですね。

南雲は綾小路を潰しにいくみたいですね。

綾小路は朝比奈の助言を聞き、どう行動するか気になりますね。

なんとなくグループは作らない気がしますが、どうでしょうか・・・

 

それにしても、綾小路は目立つことを嫌っているのに敵が多いですね(笑)

 

 

まとめ

以上が、twitterで公開されたあらすじに対する感想です。

どのような展開になるか全く想像ができず、期待がとても膨らんでいます。

10月24日の発売日が楽しみですね!

 

 

ではでは