【よう実 キャラクター紹介】宝泉和臣とは?「ようこそ実力至上主義の教室へ」

ライトノベル

この記事では「ようこそ実力至上主義の教室へ」に登場する宝泉和臣のキャラクター紹介をしています。

引用:「ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編2」表紙

 

「ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 3巻」の感想・考察は以下の記事からどうぞ

 

スポンサーリンク

ようこそ実力至上主義の教室へ とは

「ようこそ実力至上主義の教室」とは衣笠彰梧先生により描かれるライトノベルの作品です。

イラストはトモセシュンサク先生が担当しています。

略称は「よう実」です。

 

本作品は

希望する就職、進学先に100%応える全国屈指の名門校・高度育成高等学校を舞台に繰り広げられる学園抗争物語です。

主人公・綾小路清隆は平凡な学園生活を望むが、自身の天才的な能力と才能、自身の出自によりクラス間、学年間の抗争に巻き込まれていきます。

 

2015年5月からMFJ文庫より刊行が始まり、現在までに17冊刊行されています。

最新刊は「ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 3巻」です。

 

キャラクター紹介

この記事では宝泉和臣についてキャラクター紹介をしています。

※「ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編 3巻」までの内容をまとめています。

宝泉和臣 とは

出典元:MF文庫J「ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編」公式サイト

1年Dクラスに所属する男子生徒。

中学時代、地元では龍園と並ぶほど有名だったが、2人とも名前を知っているだけで面識はなかった。

横暴な性格で、争いごとを好む好戦的な生徒。

Dクラスを七瀬翼とともにまとめるリーダー的存在。

 

総合C(55)

学力B+(76) 身体能力B+(80)

機転思考力D(32) 社会貢献性E(12)

 

1巻

特別試験のパートナー決めの時、2年Dクラスに接触した。

1年Dクラスと2年Dクラスでパートナーを組むための話し合いが行われたが、交渉は難航した。

交渉が難航するのは当然で、宝泉はどのような条件であっても承諾する気がなかったためである。

宝泉と七瀬は特別試験に乗じて、1年Aクラス・天沢一夏と協力し、2000万プライベートポイントを得るために綾小路を罠にはめ、退学に追い込もうとした。

しかし、あと一歩のところで綾小路に気付かれ、失敗した。

 

最終的に、特別試験は綾小路とパートナーを組み、特別試験に臨んだ。

 

2巻

1年Aクラス・高橋、Bクラス・八神拓也、Cクラス・宇都宮、Dクラス・宝泉の4人で無人島サバイバル試験について話し合った。

小グループは各クラスのエース級を4人集め、大グループを作る際はDクラスの2人を迎え入れることを条件にグループを組むことを承諾した。

また、その場にいた宇都宮陸に前回の特別試験でのCクラスの生徒の退学は宝泉によって仕組まれたものだと疑いをかけられた。

 

その翌日、宝泉、七瀬、天沢の3人で話し合いが行われ、この3人で組むことを提案した。

手を組む条件として、天沢が提案した「綾小路を退学させた時に貰える2000万プライベートポイントは全て天沢に譲る」という条件を飲んだ。

しかし、天沢が帰り、七瀬と2人になった後、最初から天沢が提案した条件を守る気がないことを明かした。

 

3巻

無人島サバイバル試験は天沢、七瀬と小グループを組んでいることが分かっている。

無人島サバイバル試験6日目、1年生の各クラスの代表が浜辺に集まる予定で、Dクラスは宝泉が参加する予定だったが、最後まで姿を現さなかった。

 

まとめ

今回は宝泉和臣についてまとめました。

2年生編1巻では早速、綾小路を罠に嵌めようとしたり、1年Cクラスの生徒を退学させたのではないかという話が挙がったりと活発に動いている印象があります。

個人的に綾小路よりも龍園とやり合っている姿を見たいです。

ではでは

 

よう実のその他のキャラクター紹介記事は以下のリンクからどうぞ

【よう実 キャラクター紹介】天沢一夏とは?「ようこそ実力至上主義の教室へ」

【よう実 キャラクター紹介】八神拓也とは?「ようこそ実力至上主義の教室へ」

【よう実 キャラクター紹介】椿桜子とは?「ようこそ実力至上主義の教室へ」

【よう実 キャラクター紹介】宇都宮陸とは?「ようこそ実力至上主義の教室へ」

【よう実 キャラクター紹介】七瀬翼とは?「ようこそ実力至上主義の教室へ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました