【感想】「VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた 2巻」ネタバレあり

ライトノベル

この記事では2021年9月18日に発売された「VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた 2巻」の感想を書いています。

引用:「VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた 2巻」表紙

 

「VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた 1巻」の感想は以下のリンクからどうぞ

 

スポンサーリンク

VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた 2巻

あらすじ

頭ライブオンな四期生襲来!! 超人気VTuberコメディ第二弾!

1巻発売即大重版を連発した衝撃の話題作第2巻!!

数々のおかしなVTuberが所属する大手運営会社ライブオン。配信事故から大人気になった三期生・心音淡雪は、遂に後輩が出来るとウキウキしながら四期生発表配信を見ていたが――
「私を貴殿の女にしてもらえないでありますか?」いきなり淡雪に愛の告白をする四期生が現れて!? 更に、「ゴリラさんの雑学でも話したいと思いますですよ~!」「私を甘やかしてください。なぜなら私は赤ちゃんだからです」と、残りも頭ライブオンなヤツばっかり! 挙句の果てに淡雪は『最(高の)ママ』と呼ばれることになり!? ヤバい四期生襲来!! 衝撃のVTuberコメディ第2弾!

引用:VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた2 | VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた | 書籍情報 | ファンタジア文庫 (fantasiabunko.jp)

 

感想

2巻では淡雪たちが所属する大手運営会社ライブオンの4期生が新たに登場し、淡雪が後輩VTuberたちと様々な形でコラボをする様子などが描かれています。

2巻も1巻同様に、いやそれ以上に登場人物も増えたことによりカオスになっていました。キャラの濃い子ばかりですね。

1巻の時点で登場しているあわちゃんを含めたVTuberたちもかなりインパクトがある面々が揃っていましたが、後輩たちもヤバイ子たちばかりでした。

ライブオンはある意味見る目がありますね。なんならあわちゃんのぶっ飛び具合がまだ可愛く見えたような(笑)

 

四期生VTuberとして一癖も二癖もある以下の3名が登場しました。

  • 相馬有素
  • 苑風エーライ
  • 山谷還

有馬有素は淡雪に対する愛が重すぎて、恐怖です。面接で淡雪に対する愛を語り続けて受かったのはすごいですね。そこまで愛を語れるのは逆にすごいです。淡雪に関する論文を少し読んでみたいような・・・

苑風エーライは動物の話題を交えた配信をしており、配信の構成自体はよく練られています。しかし、ところどころにぶっ飛んだ発言があり、やはり普通の子とは違います。

山谷還は自身を甘やかし、幼児プレイがOKな子です。「おぎゃあああ」と言っている挿絵はインパクト抜群でした。あの見た目から「おぎゃあああ」はきつい(笑)

3人ともこれまでに登場した子たちとキャラが被っておらず、ライブオン全体としてさらにカオスになりましたね。

あわちゃんと誰かという形のコラボが主でしたが、あわちゃんを除いた子同士でコラボしている様子も見たいですね。

もし4期生同士がコラボしたら、どうなるのだろうか・・・

有素と還がコラボしたら、片方は崇拝しており、もう片方はママと呼んでいるので、淡雪の話題だけで配信が終わりそうですね。

 

2巻ではあわちゃんとましろんとのコラボは見ごたえがありました。

2人の出会いのエピソード、ましろんが激怒して暴走したエピソード、2人のお泊りのエピソードが描かれています。

お泊りの時の寝る前のあわちゃんをずっと見てきた立場のましろんのあわちゃんに対するセリフやあわちゃんのことをバカにしたコメントに対して怒った様子が心に残っています。

この2つのエピソードを通じて、ましろんがあわちゃんのことを大切に想っているのだと感じ、ほっこりしました。ましろんがいい子すぎて、尊いです。ましろんのファンになりました。

ましろんがバカにしたコメントに怒った後に暴走していたのは面白かったですが(笑)もう少しで放送事故でしたね。

 

3巻ではとうとうあわちゃんと朝霧晴のコラボが見られるようですね。

コラボすることが決まった時にあわちゃんがどんな反応をするか楽しみですし、コラボで曲を歌うということで、どんな展開になるかも楽しみですね。

 

VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた 3巻

「VTuberなんだが配信切り忘れたら伝説になってた 3巻」の発売日は未定です。

発売日が決定次第、情報を更新します。

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました