【感想】「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 3巻」学校内での周と真昼の関係性が接近中!ネタバレあり

ライトノベル

この記事では「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 3巻」の感想を書いています。

引用:「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 3巻」表紙

 

「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 2巻」の感想は以下のリンクからどうぞ

 

スポンサーリンク

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 3巻

あらすじ

春、新学期、縮まる距離――
「私だけのけ者なのは……いやです」

「小説家になろう」発の大人気ラブストーリー、第3弾

「皆さん周くんと仲良くしてるのに、私だけのけ者みたいです」
二年に進級し、同じクラスになった真昼と周。徐々に学校でも距離を近づけようとする真昼とは裏腹に、周は“天使様”への遠慮からなかなか踏み込めずにいる。
千歳らの気さくな振る舞いをきっかけに、クラスメイトたちとの間の壁も少しずつなくなりつつある真昼の姿を眺めながら、周は治りかけの古傷をそっと思い返していた……。
Webにて絶大な支持を集める、可愛らしい隣人との甘く焦れったい恋の物語、第三弾。

引用:Amazon.co.jp

 

感想

3巻では

  • 調理実習の話
  • 周と真昼でお出かけする話
  • 周の過去の話

などが描かれています。

 

3巻では周や真昼たちが高校生2年生に進級した後の話になります。

学校内でも周と真昼の距離が縮まったり、周と真昼の関係性を知る新たな子が出てきたり、周の過去について言及したりと大満足の内容でした。

相変わらず最後のラインは割っていないのですが、この関係性をもう少し見ていたいですね。

 

学校内での周と真昼

クラス替えでは周、真昼、千歳、樹、そして優太の5人は同じクラスになりました。

逆にこうなってもらわないと困るってレベルでこうなることを望んでいました。

 

2年生になり、周は優太と絡むことが多くなります。

周が優太と話すようになったのをクラス内で見て、真昼はそれに嫉妬します。

そして、真昼は学校内でも距離を縮めようと徐々に周の近くにやって来ます。

最初は挨拶や世間話、勉強の話という風に徐々に学校内での関係性を構築しました。

 

調理実習では4人班となり、周は友達の樹と樹は彼女である千歳と千歳は友達である真昼と組むことになったため、周、真昼、樹、千歳の4人で班を作りました。

この調理実習の時に、周が真昼を助けた姿がもうカッコよくて・・・

 

そして、その数日後から周は真昼を含めた5人でお昼ご飯を食べるようになりました。

とうとうお昼ご飯も一緒に食べる仲に・・・

挨拶や世間話の関係から、お昼ご飯を食べる関係まであっという間でしたね。

 

周の過去

周が抱えていた過去は中学の時に出来た友達に金づる(実際に金銭を渡したことはない)として見られ、影で悪口を言われていたというものでした。

周は純粋に友達だと思っていたのに、相手は友達とは思っていなかった。

周はこの事実を知ってしまい、しばらくふさぎ込んでしまった過去があり、相手を容易に信じることができなくなってしまいました。

相手から妬まれ、悪口を言われるという最低な行為を周は過去に受けていたのですね。

 

周はそれを真昼に打ち明けると、真昼はその当時の相手に怒り、周を優しく包み込んでくれました。

2人の関係性が本当に素敵だと思いました。

2巻では真昼が過去を打ち明けた時に優しく周が支えていましたし、本当に良い関係性ですね。

 

ラストシーン

ラストでは真昼が学校で2人でお出かけしていたことを尋ねられているシーンです。

そして、その相手とはどんな関係なのかと聞かれ、真昼は

お付き合いはしていませんけど、私にとって・・・・・彼は一番大切な人ですよ

ー 椎名真昼

引用:お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 3巻

と言いました。

うわーーーー、言っちゃったーーーー

もう学校中が荒れること間違いなしですね。

周の心もですが(笑)

 

さて、4巻ではどんな話が描かれるのか楽しみですね。

周の実家に2人で行く話も見たいですが、4巻で描かれたりするのでしょうか。

その話は5巻以降になるのかな?

分かりませんが、次巻が楽しみです。

 

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 4巻 発売日

「お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件 4巻」の発売日は2021年3月12日です。

発売日が待ち遠しいです。

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました