【感想】「からかい上手の高木さん 16巻」調理実習、交換日記、卒業式!ネタバレあり

漫画

この記事では2021年9月10日に発売されたからかい上手の高木さん 16巻」の感想を書いています。

引用:「からかい上手の高木さん 16巻」表紙

 

「からかい上手の高木さん 15巻」の感想は以下のリンクからどうぞ

 

スポンサーリンク

からかい上手の高木さん 16巻

あらすじ

今巻収録のエピソードは…

隠し味は、からかい風味…?
高木さんのエプロン姿が可愛らしい「調理実習」。

“視力”じゃなくて、西片の男としての“視野”が問われる…?
居残り掃除の現場から「視力対決」。

放課後、校舎裏に高木さんを呼んだ西片。
そんな人気のないところに呼び出して、
西片まさか高木さんに告は…!? な「校舎裏」。

更には「卒業式」での第二ボタンエピソードなどなど、
今巻も珠玉のエピソード9編を収録。

引用:からかい上手の高木さん(16) (ゲッサン少年サンデーコミックス) | 山本崇一朗 | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon

 

感想

16巻では

  1. 調理実習
  2. ウソとホント
  3. 移動教室
  4. 視力勝負
  5. 校舎裏
  6. 交換日記
  7. チョコ
  8. 微熱
  9. 卒業式

の9つのエピソードが描かれました。

 

16巻では高木さんのデレを何度も見ることができて幸せでした。

普段は表(西片に分かるように)にその表情を出していませんが、高木さんが西片の言動に不意を突かれ、頬を赤らめている姿は尊いです。

この2人の絡みを見ている時の自分の顔はさぞ酷いのだろうな(笑)

終始ニヤニヤしながら読んでいました。

 

好きなエピソード

どれも素敵なエピソードでしたが、個人的に好きなエピソードを3つ(調理実習、交換日記、卒業式)紹介します。

調理実習

西片、高木さん、中井くん、真野ちゃんの4人でグループを組み、調理実習が行われました。

メインのブリの照り焼きを真野ちゃん、味噌汁を高木さん、サラダを西片と中井くんがそれぞれ担当しました。

 

西片は調理中に高木さんからいつものようにからかわれると思っていましたが、からかわれることなく調理を終えました。

その理由は高木さんも他のみんなと同じように美味しく調理できているか不安があったためで、西片をからかう余裕がなかったためでした。

他のクラスメイトもそうでしたが、異性に対して良いところを見せたい、料理できると思われたいという想いが溢れていて、初々しいなって思いました。ちなみに、私は学生の頃、料理ができなかったので、迷惑を掛けないように友達に任せてました(笑)

 

高木さんもそのような想いを抱えた1人でしたが、西片から「味噌汁美味しいね」と感想を言われた後に、調理中にからかえなかったことをからかいました。

高木さんが頬を赤らめながら小声で言った「よかった」の言葉ホッとした表情は最高でした。これは可愛すぎる・・・

個人的に16巻で一番ニヤニヤしていたエピソードでした。

 

交換日記

西片、高木さん、中井くん、真野ちゃんの4人で交換日記を始めました。

真野ちゃんが中井くんと2人で交換日記をしたかったのですが、恥ずかしい思いもあったため、高木さんに相談して、高木さんと西片も呼ばれ、4人で交換日記をすることになりました。

 

交換日記というワードが懐かしすぎる・・・

私は交換日記なんてしたことないまま学生時代を終えました。青春していて羨ましいですね。

 

西片にMNNT(真野、中井、西片、高木の頭文字)と書かれたノートを見せて、その後に高木さんが「こっちは私と西片のやつね。」と言って、TN(高木と西片の頭文字)と書かれたノートを渡してきたときは「おお!」と1人でテンションが上がってました(笑)

4人の時は西片、高木の順ですが、2人の時は高木、西片の並びとなっており、2人の間では高木さんが主導権を握っている感があって好きでした。

果たして2人だけの交換日記でどんなことを綴っていくのでしょうね。

とりあえず、日記の中でも西片がからかわれていることだけは容易に想像できますが(笑)

 

卒業式

卒業式を迎え、2人は卒業に関する話をしており、西片は卒業が楽しみだと言っているのに対して、高木さんは寂しいかなと思っていました。

そんな時に、卒業生の男の子が女の子に第二ボタンをあげている場面に遭遇し、第二ボタンの話題になります。

 

高木さんは西片に「第二ボタンをちょうだいって言われたらあげる?」と質問し、西片は「わかんない」と返答します。

その後、高木さんが「ちょうだい」と西片に言うと、西片は思い悩んだ末「いいよ」と返事をします。

高木さんはおそらく第二ボタンと西片が持っている椅子の両方の意味をもたせて言ったのですが、西片は話の流れから第二ボタンのことだと思い込んでおり、「いいよ」と返事をしました。

その後、西片が「いいよ」と言った姿を思い浮べながら満足げな顔を浮かべ、「卒業式がちょっと楽しみになった」と言っている高木さんが可愛かったです。

 

からかい上手の高木さん 17巻

「からかい上手の高木さん 17巻」の発売日は未定です。

発売日が決定次第、情報を更新します。

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました