【登場人物紹介】「スパイ教室」チーム『灯』メンバーの特徴や特技などを一人ずつ紹介

ライトノベル

この記事では「スパイ教室」に登場する『灯』のメンバーの特徴や特技などを一人ずつ紹介しています。

 

4巻までの感想記事は以下のリンクからどうぞ

【感想】「スパイ教室01 《花園》のリリィ」ネタバレあり

【感想】「スパイ教室02 《愛娘》のグレーテ」ネタバレあり 

【感想】「スパイ教室03 《忘我》のアネット」ネタバレあり

【感想】「スパイ教室04 《夢語》のティア」ネタバレあり

 

スポンサーリンク

スパイ教室 とは

「スパイ教室」とは竹町先生により描かれるライトノベルの作品です。

イラストはトマリ先生が担当しています。

 

富士見ファンタジア文庫(KADOKAWA)より、2020年1月に1巻が発売されました。

 

第32回ファンタジア大賞で「大賞」を受賞しました。

1巻発売時にPVが公開され、登場キャラクターの声優も紹介されました。

 

登場人物の紹介

本作品の主要登場人物の9人を一人ずつ紹介しています。

4巻の特装版にて、『灯』メンバーのプロファイルが封入されていますが、その内容は4巻の特装版を自身で購入して楽しんでください。

この記事では3巻までの内容をまとめています。

燎火のクラウス

(CV:梅原裕一郎)

『灯』のボスで、世界最強のスパイを自称する、長髪でスラっとした体形の男。

大人びて見えますが年齢はまだ20歳で、少女たちの中で最年長である18歳のグレーテ、ティアよりも2つ年上です。

口癖は「極上だ」です。

世界最強を自称するだけあり、スパイの能力に関しては申し分ありません。

少女たちとの訓練を見てわかるように、複数人で襲ったところで彼女たちは全く勝てません。

かつては孤児だったが、クラウスの師であるギードに拾われてスパイチーム『焔』の一員となり、スパイの技術を身につけました。

しかし、ある事件がきっかけで『焔』は崩壊し、クラウスだけが生き残りました。

少女たちの先生を務める立場ですが、全てのことを感覚的にやってしまうため先生には向いていません。

 

花園のリリィ

(CV:雨宮天)

咲き狂う時間です

元気でドジっ子な銀髪の少女。17歳。

ドジっ子で抜けている面があるため、スパイとしての適性には欠けています。

しかし、持ち前の明るさを生かし、チームのリーダーとしてなっています。(クラウスに指名されて)

リーダーとしての役割を果たしているかと言われれば疑問符が付きますが(笑)

 

彼女の特技は「毒」

彼女は毒物に耐性がある特異体質の持ち主で、毒の調合なども自身で行っています。

 

愛娘のグレーテ

(CV:伊藤美来)

笑い嘆く時間にしましょう

静淑な赤髪の少女。18歳。

クラウスのことを唯一「ボス」と呼び、クラウスに対して恋慕の情を抱いています。

状況を把握し、一瞬で作戦を立てることができる頭脳を持っています。

過去に父兄から受けた仕打ちの影響で、男性恐怖症を患っています。

 

特技は「変装」

容姿や声などを完全に変装相手に模倣することができ、観察眼に優れています。

普段の顔も変装をしている状態で、素顔には大きな痣があり、それを隠すためにマスクをして過ごしています。

 

百鬼のジビア

(CV:東山奈央)

攫い叩く時間にしてやんよ

凛然な白髪の少女。17歳。

リリィと仲が良く、一緒に行動することが多いです。

気が強く、口が悪い一面があります。

スパイとして得た報酬は孤児院に全額寄付しています。

純粋な格闘術だと少女たちの中で一番で、天才肌のモニカも凌ぐ強さです。

 

特技は「窃盗」

気配を消し、あらゆるものを掠め取ることができます。

 

氷刃のモニカ

(CV:悠木碧)

時間の限り愛し抱け

不遜な蒼銀髪の少女。

一人称がボクの天才肌の『灯』の絶対的なエースです。

スパイとしての技術の総合力は『灯』のメンバーの誰よりも高いです。

ティアの特技により、『灯』のメンバーの誰かに恋をしていることが明らかとなりました。

しかし、その相手は現在のところまだ不明です。

 

唯一『灯』のメンバーの中で特技が不明です。

彼女が特技を秘匿にしていることをクラウスも認めています。

 

夢語のティア

(CV:上坂すみれ)

惹き壊す時間よ

優艶な黒髪の少女。18歳。

美しい外見の持ち主で、18歳とは思えない大人びた容姿をしています。

それを生かした色仕掛けが得意で、『灯』の実質的なリーダーです。

しかし、精神的に脆い一面も合わせ持っています。

 

特技は「交渉」

相手と三秒見つけ合えば、他人の願望を読み取ることができます。

 

草原のサラ

(CV:佐倉綾音)

駆け回る時間っす

気弱な茶髪の少女。15歳。

語尾に「っす」とつけて喋り、スパイに向いていないと自身で思っています。

 

特技は「調教」

鷹と犬など、多くの動物を操ることに長けています。

鷹の治療を行っていたことから、応急処置などもできるようです。

 

忘我のアネット

(CV:楠木ともり)

組みあげる時間にしましょう

純真な灰桃色の少女。14歳(書類上)。

一人称が「俺様」で、スパイとは思えないピンク色の髪を2つに結んでおさげを作っています。

また、眼帯を目につけているのも特徴です。

記憶喪失で、出生が不明です。

純粋ゆえに、怒りや好奇心の赴くままに残虐、冷酷な手段を選ぶことがあります。

その冷酷さを買われ、クラウスからは『灯』の最終兵器としての役割を与えられています。

 

特技は「工作」

既存の物を完全にコピーした武器や道具を作り上げることができます。

アネットの発明品は共和国の技術水準を大きく超えています。

 

愚人のエルナ

(CV:水瀬いのり)

尽くし殺す時間なの

淡然な金髪の少女。14歳。

14歳とは思えないほど、幼い外見をしており、金髪と白い肌のせいで人形めいた美しさを持っています。

引っ込み思案で、自身の体質のせいもあり、大人しい子です。

 

特技は「事故」

不幸の予兆を読み取ることができ、ターゲットを不幸に嵌めることができます。

 

スポンサーリンク

本編中でのチーム分け

いくつか本編中でチームに分かれることがあったので、ここにまとめておきます。

任務中のチーム分け

  • 実行犯:情報班が集めたデータをもとに相手に接触する。

   リリィ、ジビア、モニカ

  • 情報班:他の班と連携を取り、情報をかき集め、作戦の立案や指揮を行う。

   グレーテ、ティア

  • 特殊班:その技能を用いて、他の班のサポートをする。

   サラ、エルナ、アネット

2巻、3巻でのチーム分け

  • 「屍」との対決のサポート(選抜組)

ティア、モニカ、アネット、エルナ

  • 「屍」の弟子との対決

リリィ、ジビア、サラ、グレーテ

 

まとめ

以上がスパイ教室の主な登場人物の紹介になります。

どのキャラクターも魅力があり、各キャラの活躍にこれからも期待したいです。

 

個人的に推しているのはモニカです。

特技も未だ不明で『灯』のエースである彼女を応援しつつ、これからも読み進めたいと思います。

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました