気ままな雑多日記

2020年6月よりブログを始めました。アニメ、漫画、ライトノベルなどについて記事を書いています。読者登録数200人を突破!気軽にコメント、いいね、読者登録してくれると励みになります。読者登録は基本お返しし、ブログに遊びに行きたいと思います。

【感想】リゼロ 第2期 4話(29話) ネタバレあり

この記事ではRe:ゼロから始める異世界生活 第2期』4話(29話)の感想を書いています。

f:id:study_25:20200728012042j:plain

出典元:「Re:ゼロから始める異世界生活 2nd Season」公式サイト

 

私は原作をすでに読んでいるため、今後の展開を全て知っています。

しかし、この記事に関してはこの話の感想のみを取り扱います。

 

今後の展開についてのネタバレはないためご安心ください。

 

4話(29話)に関してのネタバレはしているので、視聴後にこの記事をご覧ください。

 

3話(28話)の感想記事は以下のリンクからどうぞ

www.study-25.info

 

 

Re:ゼロから始める異世界生活とは

Re:ゼロから始める異世界生活」とは長月達平によるライトノベルが原作で、イラストは大塚真一郎が担当しています。

小説投稿サイト「小説家になろう」で2012年より不定期で連載が開始され、MF文庫Jで2014年から刊行され、現在(2020年7月)23巻まで刊行されています。

 

2016年4月より2クールで1期の放送が開始され、2020年7月より2期の放送が開始されました。

 

re-zero-anime.jp

 

4話(29話)

親子

あらすじ

それは見慣れたはずのいつもの部屋のはずだった。しかし、ずっと暮らしてきたはずの自室にも関わらず、どこかつきまとう違和感。言いようのない焦燥感に駆られるスバルだったが、そんな不安は父親である菜月賢一の腕挫十字固めによって吹き飛ばれてしまう。悶絶するスバルだったが、負けじと反撃し、プロレス技の応酬が繰り返される中、母親の菜月菜穂子がそろそろお腹が空いたから、朝ご飯が食べたいとやって来る。

 

感想

「父親との会話」「母親との会話」の2つのトピックに分けて、感想を書いています。

 

4話では聖域での試練のため、スバルは自身の両親に再び会うことができました。

異世界転生してから、スバルは両親と会うことはないと感じていたでしょうが、思わぬ形で再開が果たされました。

 

菜月家の掛け合いは面白かったです。 

父親がグイグイ来て、それでいて、母親はおっとりしている感じがとてもいい塩梅で好きです。

 

ちなみに昴は不登校で、学校に行っていません。

 

 

父親との会話

父親は昴を散歩に誘い、2人での親子トークをしました。

 

家を出る前に、父親は昴に

好きな子とかいる?

と尋ねました。

 

昴はそれに対し、最初は答えませんでした。

この言葉の意味は「なぜ学校に行かないのか?」を遠回しに聞いたものでした。

 

しかし、会話をしているうちにふとエミリアのことを思い出し、自分は好きな子がいるということを思い出します。

 

そして、最初の質問に

好きな子できたよ

だから俺はもう大丈夫だ

と答えました。

 

ここでエミリアたちのことを思い出せなかったら、昴は過去から決別できなかったかもしれませんね。

 

 

その後、昴は自身の抱いていた想いを父親に打ち明けます。

 

様々な想いから、昴は両親に昴のことを諦めさせてほしいと思っていました。

しかし、レムの

諦めるのは簡単です

でもスバルくんには似合わない

の言葉などを思い出し、気持ちが変わりました。

 

このレムのシーン懐かしいな~

18話は本当に神回だよね

 

 

昴の想いを全て聞いた後、父親は未来の話を始めました。

将来、俺とお母さんをしっかりと養ってくれよ

の言葉のあと、昴はそれがもうそれが永遠に叶わないことが分かっているので・・・

このシーンはグッときました。

 

両親と歩むはずだった未来はもう永遠に訪れない。

本当に泣けます・・・

 

 

母親との会話

帰宅後、昴は制服に着替え、学校に行く準備をしました。

そして、昴は母親と2人で話をしながら、学校に向かいました。

 

 

昴は思った以上に母親が昴のことを見ていることに驚いていました。

天然をかましていましたが(笑)

 

 

母親との会話でやはり一番心に残っているのは最後の言葉です。

昴は母親と別れる前に、2人に向けて決別の言葉を言います。

 

すると、

大事なのは最初でも途中でもなくて、最後なんだから

と母親が言いました。

そして、最後に、

「いってらっしゃい」「いってきます」

のやり取りをして、別れました。

 

この言葉は今後もどこかでスバルが思い出しそうですね。

聖域において、どこかで思い出すシーンがありそう。

 

 

以上が4話の感想となります。

1話を通して、昴の過去との決別、両親との決別が描かれましたがとても感動するお話でした。

しっかりとスバルは過去に向き合えましたね。

 

スバルの試練はこれで終わりそうですが、エミリアの試練はどうなったのでしょうか。

エミリアの過去は気になりますね。

まだエミリアの過去はほとんど分からない状態ですからね。

 

制服のエキドナが最後に出てきて、ドキッとした方がいたのではないでしょうか。

普通にクラスメイト達がいると思った人が多かったでしょう。

 

5話も楽しみですね!

ではでは