【感想】最終巻「のんのんびより 16巻」ついに完結!ネタバレあり

漫画

この記事では2021年3月23日に発売された「のんのんびより 16巻(最終巻)」の感想を書いています。

 

TVアニメ「のんのんびより のんすとっぷ」の3期や続編についての情報は以下のリンクからどうぞ

TVアニメ 第3期「のんのんびより のんすとっぷ」原作の何巻から?3期はどこまで描かれるか予想!

 

スポンサーリンク

のんのんびより 16巻

あらすじ

~あらすじ・内容~

TVアニメ『のんのんびより のんすとっぷ』絶賛放送中! れんげ・蛍・夏海・小鞠たち4人の変わらない日常もついに最終巻。旭丘の新たな春の訪れを、ぜひお見届けください。

引用:のんのんびより 16 | 書籍 | 月刊コミックアライブ オフィシャルサイト (comic-alive.jp)

 

感想

まずはあっと先生に感謝から

あっと先生、「のんのんびより」という素敵な作品を生み出し、描いていただきありがとうございました。

大好きな作品のひとつで、漫画はもちろんアニメも毎週の放送を楽しみにしていました。

のんのんびよりの完結、3期の終了と悲しく寂しい気持ちもありますが、あっと先生の新たな作品を読むことができる日を楽しみに待っています。

 

私の中で、日常系アニメと言えば「のんのんびより」だと思っています。

漫画やアニメでれんちょんたちが田舎でのんびりと元気に暮らしている姿を見ると、何とも言えないほのぼのとした気持ちになります。

見ていて、本当に心が安らぎ、癒されました。

3期最終話で16巻最終話を描いたことから、続編の可能性は低いかもしれませんが、まだ原作で描いていないエピソードがいくつもあるので、ぜひOVAなどで描いてくれたらと思っています。

 

それでは、16巻の感想に入っていきます。

16巻では

  • 学校の七不思議を考える話
  • まだ行ったことのない場所へ遊びに行く話
  • れんげ・夏海・しおりの3人で遊ぶ話
  • 小鞠の料理の話
  • 卒業式の話
  • 新たな生活の話

などが描かれています。

前半ではのんのんびよりらしいいつもの彼女たちの日常が描かれました。

そして、後半では新たな1年として、卓の卒業式や新たな生活が描かれ、時が進み、のんのんびよりが終わるということを感じさせる内容でした。

 

16巻で、個人的に好きだったエピソードはれんげ、夏海、しおりの3人で中あてをして遊ぶ話です。

まず、しおりちゃんの「うぱらー」って言ってボール投げるシーンに笑いました。

たぶん1mも飛んでない(笑)

 

その様子を見て、夏海がしおりちゃんに投げ方をレクチャーします。

その時にふと夏海がれんちょんの様子を見ると、ぼけーとした表情をしており、しおりちゃんにまずはれんちょんに教えてもらうように言いました。

その後、れんちょんがしおりちゃんにコツなどを教えている様子を傍から眺めている夏海を見て、年上として2人のお姉さんをしているなと感じました。

れんちょん、夏海が成長していることと感じさせるエピソードでした。

 

まとめ

これまでの16巻を通して、みんなが少しずつ成長していく様子が描かれ、大人に近づいているのだと感じさせられました。

読んでいて、ほのぼのと癒されるこの作品が終わってしまうのは本当に寂しいです。

できることなら、彼女たちの日常をいつまでも見ていたかったです。

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました