【感想】「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 22巻」会長とかぐやがついに!?ネタバレあり

漫画

この記事では2021年5月19日に発売された「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 22巻」の感想を書いています。

引用:「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 22巻」表紙

 

「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 21巻」の感想は以下のリンクからどうぞ

 

スポンサーリンク

かぐや様は告らせたい 22巻

あらすじ

「恋愛は告白した方が負けなのである!」 エリートの集う秀知院学園生徒会で出会った会長・白銀御行と副会長・四宮かぐや…。この両想いであるはずの天才2人が、互いに相手に惚れさせ、相手から告白させようと日常の全てで権謀術数の限りを尽くす、新感覚のラブコメ!! …だったはずの2人も付き合い始め、数か月が経ち、3年生へ進級し同じクラスに!! 藤原千花や早坂愛、柏木渚、四条眞妃も集う中、全国模試で白銀に勝利し、全国一になった事もある四条帝まで転校生としてやってくる波乱の幕開け!? 海外の大学へ進学を決めている白銀が日本にいる期間は、この1学期のみ。“男と女のABC”の進展を意識する2人が辿り着く先は!? “伝説”となる22巻!!

引用:かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~ 22 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) | 赤坂アカ | 青年マンガ | Kindleストア | Amazon

 

感想

22巻では会長やかぐやたちが3年生となり、新しくクラスに転校してきた四条帝にまつわる話、会長とかぐやの関係性、生徒会メンバーの日常などについて描かれました。

久しぶりに恋愛頭脳戦?と言いますか、昔の会長とかぐやを思い出させるような内容が描かれました。(この作品のギャグパートはこうでないとね)

2人が付き合いだしてからは本筋を四宮家の問題にシフトしていますが、2人があれやこれやとずれた方向に思考を巡らしている様子は面白く、可愛らしいですね。

また、生徒会メンバーの話では藤原が場をかき乱してくれるので、2人だけのやりとりとは別の面白さがありますね。

 

さて、転校生の帝についてですが、彼は四条眞妃の双子の弟です。

家柄、運動、学力のどれをとってもトップですが、そんな彼も普通のどこにでもいる高校生のように緊張しているのは可愛らしかったです。(その様子を見て、ニヤニヤしてる姉がいい)

 

そんな帝がクラスにどう馴染んでいくのかと思いましたが、あっさりと馴染みましたね。(会長がチョロかったのも影響していますが)

その後の会長、帝、翼のボーイズトークはもう平和そのものでしたね。(どこにでもいる男子高校生って感じです)

女子禁制なのは確かでしたが・・・(ガールズトークも男子禁制ではありますけどね)

 

帝が転校してきた表向きの理由は親の意向らしいですが、眞妃が「帝は立ち回りや政治に関しては上手い」と言っているので、何かしら裏があるのでしょう。

彼がどう動くのかは読めませんが、四宮家と四条家の抗争に関わってくるのは確実ですからね。

帝は誰かと電話をしており、その会話で「かぐやのことをなんとかする」と言っているようですしね。

家系的にかぐやの助けになるようには思えませんが・・・もしかしたら・・・

 

そして、会長とかぐやについてですが、22巻で2人はさらに一歩、階段を登りましたね。

しない流れから朝チュンには少し驚かされました。この2人ならしないままの可能性もあり得るかと思っていましたが・・・

個人的に、かぐやの話を聞いて、早坂が枕を借りてじたばたしてる反応に萌えました。(可愛すぎるんだが・・・)

 

早坂が言っていましたが、かぐやは最初の頃に比べると、だんだんと普通のどこにでもいる女子高生になりつつありますね。

しかし、普通に近づきつつあっても、そんなことは露知らず両家の抗争問題はどんどん進んでいくのがなんだかもどかしい気持ちにさせられます。

このまま普通の女の子になれたらどんなにいいことか・・・

 

かぐや様は告らせたい 23巻 発売日

「かぐや様は告らせたい 23巻」は2021年8月19日に発売予定です。

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました