気ままな雑多日記

2020年6月よりブログを始めました。アニメ、漫画、ライトノベルなどについて記事を書いています。少なくとも3日に1度は記事を更新しています。

【感想】青春ダイビングストーリー?「ぐらんぶる 1巻」ネタバレあり

この記事では「ぐらんぶる 1巻」の感想を書いています。

f:id:study_25:20201116021028j:plain

出典:「ぐらんぶる 1巻」表紙

 

 

 

 

「ぐらんぶる」の名言をまとめた記事は以下のリンクからどうぞ

www.study-25.info

 

 

ぐらんぶる とは

「ぐらんぶる」(GRAND BLUE)は2014年からgood!アフタヌーンで連載中で連載されている井上堅二さんが原作、吉岡公威さんが作画のダイビングを題材とした漫画です。

 

その内容は大学生がサークル活動でダイビングをするというものですが・・・

ダイビングの内容が1割、その他の活動が9割といった具合で大学生活をメインに描かれます。

果たしてこの割合でダイビング漫画と言えるのかは分かりません(笑)

 

しかも、その大学生活の内容は飲み会など大学生活の濃い部分ばかりです。

しかし、それがとても面白いです。

どんな時に見ても絶対にお腹を抱えて笑えること間違いなしの漫画です。

とにかく笑えるので、読んだことのない人には必ず読んでほしいです。

 

2020年11月20日に最新刊である16巻が発売されます。

 

すでにTVアニメ化もされており、2018年7月から9月までの1クール放送されました。

 

また、実写映画化もされており、2020年8月7日に公開されました。

 

よく実写化したなと・・・

ぐらんぶるはいろいろと実写化するには障害が多すぎたので、本当に制作陣は苦労したことでしょう。

 

 

ぐらんぶる 1巻

感想

とにかくテンポよく話が進み、とても面白い漫画です。

くだらなすぎて、落ち込んでいる時などに読んだら元気が出ること間違いなしです。

 

何度読み返しても笑うことができ、私はすでに5回以上読んでいます(笑)

面白いシーンは数えきれないほどありますが、下の欄で個人的に3つほど面白かったシーンを紹介しようと思います。

それ以外にも面白いシーンがあるので、ぜひ自分で読んでみてください。

 

この漫画では登場人物たちの大学生活が描かれていますが、彼らの大学生活は・・・まぁ、ひどいです(笑)

ここまでぶっ飛んだことをしてる大学生っているのかな?

 

 

ギャグ要素が多すぎて忘れがちですが、この漫画の題材はダイビングです。

ダイビングの描写は少ないですが、しっかりと描かれ、彼らは真剣に取り組んでいます。

 

最後に何度も言うようですが、ギャグ要素が多い漫画です。

しかし、心に残るような言葉がちらほら出てきます。

1巻では寿の以下の言葉が印象に残っています。

最初から自分ができるものだけ選んでいたら何も始まらない

大事なのはお前が興味を抱いているかどうかだろ

ー 寿竜次郎

引用:「ぐらんぶる 1巻」

これは単純にいい言葉だと思いました。

 

ギャグ以外にも見どころはあるので、様々な面から楽しむことができます。

恋愛要素も・・・

 

 

個人的に面白かったエピソード・シーン

個人的に面白かったエピソード・シーンを3つ紹介します。

1. 俺は服を脱ぐつもりはなかったんだ

これは寿の言葉ですが、これに続く言葉は「ただ自然に脱げていた 俺の言っている事分かるよな?」でした。

いえ、あなたの言っていることは全く分かりません・・・・

 

この時に、微塵も分からないと言っていた伊織もこの後すぐにこうなるとは(笑)

ある意味適応力が凄まじいです。

 

2. ウーロン茶は燃える?

彼らの言うウーロン茶は可燃性です(笑)

そんなウーロン茶見たことがありません。

また、彼らの言う水も可燃性です(笑)

 

彼らは飲み物を色でしか認識していません。

可燃性の水っていうのが面白すぎます。

 

3. 部屋の模様替え

伊織は奈々華さんから飲み会へ行くための許可を得られるような部屋作りをすることになりました。

伊織、先輩、耕平・・・アホしかいませんでした。

発想がアホすぎて、ずっと笑っていました。

その部屋でよく奈々華さんから許可が得られると思ったよね・・・

 

最終的に、伊織は千紗の顔が部屋中に貼られた部屋を作りました。

そして、それが千紗に見つかり、伊織の部屋は離れになりました。

まぁ、そうなるよね・・・

 

 

 

ぐらんぶる 2巻

「ぐらんぶる 2巻」は既に発売されているため、今後感想記事を書く予定です。

 

 

※追記(2020年11月24日22:30)

「ぐらんぶる 2巻」の感想は以下のリンクからどうぞ

www.study-25.info

 

ではでは