【感想】週刊マガジン新連載!「女神のカフェテラス」1話ネタバレあり

漫画

この記事では週刊マガジン2021年12号より連載が始まった「女神のカフェテラス」の感想を書いています。

出典元:週刊少年マガジン「女神のカフェテラス」

 

スポンサーリンク

女神のカフェテラス とは

「女神のカフェテラス」とは瀬尾公治先生によって描かれる漫画です。

週刊少年マガジン2021年12号より連載がスタートしました。

 

瀬尾公治先生の過去作として、同じく12号で完結した「ヒットマン」、そして「風夏」、「君のいる町」、「涼風」などが挙げられます。

 

第1話を無料で読むことができるので、気になった方はぜひ以下のリンクから読んでみてください。

https://pocket.shonenmagazine.com/episode/3269632237257218878

 

内容・あらすじ

東大現役合格の秀才・粕壁 隼。ケンカ別れしていた祖母の訃報を聞いて、3年ぶりに海辺の町の古びた実家「カフェテラス・ファミリア」に帰ると、そこには見知らぬ5人の女の子が!しかも彼女たちは「おばあちゃんの家族」を名乗り!? 運命の女×5との贅沢すぎる共同生活が始まるっ!『涼風』『君町』『風夏』の瀬尾公治が描く一つ屋根の下ハーレム♡どの娘に恋する?どの娘を愛でる?ヒロイン多すぎシーサイドラブコメ開店!

引用:週刊少年マガジン「女神のカフェテラス」

 

スポンサーリンク

1話「ファミリア」感想

瀬尾公治先生の最新作「女神のカフェテラス」の連載がスタートしました。

同じく今号連載されていた「ヒットマン」が完結したタイミングで、新連載が始まるという珍しい形でした。

 

新たなラブコメが始まりましたが、ヒロインはなんと5人です。

「5」という数字を見ると、「五等分の花嫁」を思い出しますね。

しかし、五等分の花嫁のヒロインよりも年齢が少し上の18歳~20歳です。

また、瀬尾公治先生が描く女の子たちということで、エッチな描写も多く描かれるでしょうし、実際に1話から刺激的な描写がかなりありましたね。

 

主な登場人物は以下の6人です。

  • 粕壁隼(かすかべはやと)
  • 幕澤桜花(まくさわおうか)
  • 鶴河秋水(つるがあみ)
  • 月島流星(つきしまりほ)
  • 小野白菊(おのしらぎく)
  • 鳳凰寺紅葉(ほうおうじあかね)

 

各キャラクターについて簡単に説明すると、

粕壁隼(かすかべはやと)

本作の主人公。19歳。東京大学に現役合格し、「Familiar」の2代目マスターになることで、1年間大学を休学し、「Familiar」の再建を図る。

幕澤桜花(まくさわおうか)

専門学校生。19歳。赤髪の長髪。料理は苦手だが、ピラフだけは作れる。

鶴河秋水(つるがあみ)

高校3年生。18歳。黒髪のポニーテール。空手部に所属しており、隼を蹴り飛ばした。

月島流星(つきしまりほ)

大学2年生。20歳。茶髪の二つ結び。打算的な性格。

小野白菊(おのしらぎく)

大学2年生。20歳。黒髪のおかっぱ頭。普段は控えめで大人しい性格だが、酔うと匂いフェチの淫乱になる。

鳳凰寺紅葉(ほうおうじあかね)

フリーター。19歳。金髪のショートカット。バンド活動をしており、喫茶店内で曲を作っている。

 

どのキャラクターも個性があって、とても良いですね。まだ名前は覚えられていませんが・・・。

また、バンド活動をしている子もいるので、過去作のメンバーが登場する可能性は高そうですね。

瀬尾公治先生のファンにとっては嬉しいです。

 

さて、これからはこの6人でカフェを切り盛りしていくことになります。

経営はマスターである隼の手腕が試されるわけですが、これだけ可愛い女の子が店員としているならば、味とサービスがある程度標準並みだったら、かなり繁盛しそうな気がします・・・

逆に、これまでどんな経営をしていたのか気になります。

 

1点気になるのは瀬尾公治先生の過去作のように、誰かが怪我や事故などに巻き込まれるかもしれないことです。

今作ではみんな無事でいてくれることを密かに願っています。

 

まとめ

瀬尾公治先生の新連載はヒロインが5人で、どの子も可愛く、人気が出そうですね。

2話も大増24Pで描かれるので非常に楽しみです。

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました