気ままな雑多日記

2020年6月よりブログを始めました。アニメ、漫画、ライトノベルなどについて記事を書いています。少なくとも3日に1度は記事を更新しています。

【感想】激レア!ラフィエルがサターニャの真似を!?「ガヴリールドロップアウト 10巻」ネタバレあり

この記事では2020年11月26日に発売された「ガヴリールドロップアウト 10巻」の感想を書いています。

f:id:study_25:20201126222348j:plain

出典:「ガヴリールドロップアウト 10巻」表紙

 

 

 

 

 

「ガヴリールドロップアウト 9巻」の感想は以下のリンクからどうぞ

www.study-25.info

 

ガヴリールドロップアウト 10巻

感想

10巻では

  • ガヴリールのしゃっくりが止まらなくなる話
  • タプリス、メイ、篠原でダイエットをする話
  • サターニャが催眠術にかかり元に戻らなくなる話
  • サターニャの両親が下界に遊びに来る話

などが描かれています。

 

個人的に10巻ではラフィエルが恥ずかしがったり、困惑しているエピソードが2つあり、珍しいと感じました。

基本的に相手(主にサターニャ)をいじっているシーンが多い彼女ですが、違う一面を見ることができました。

 

スポーツセンターにはガチ装備で運動に来ていて、ダイエットしていることを恥ずかしがり、隠していましたね。

また、サターニャにかかった催眠術を解くのは一苦労でした。

そこで見せたラフィエルのサターニャの真似が(笑)

きちんと天使風にアレンジしていて、「私の愛を受けとりたまえっ」のラフィエルが可愛すぎる・・・

ガヴリールが動画を撮っていたみたいなので、今後ガヴリールに使われる展開がありそうな・・・

 

 

個人的に印象に残ったエピソード・シーン

個人的に印象に残ったエピソード・シーンを3つ紹介します。

1.  サターニャが催眠術にかかった

上の感想の欄でもこの話の感想を軽く書きましたが、今回は催眠術にかかった本人であるサターニャについてです。

サターニャは単純だからなのか、催眠術にかかり、おしとやかな女性になりました。

 

グラサンもサターニャがあまりにも素直に謝るから困惑して、怒れませんでしたね。

きちんと謝ることは正しい行為だけど、サターニャに突然そんな振る舞いをされたら困惑するよね。

サターニャの新たな一面が見れて面白かったです。

 

2. マルティエル vs ゼルエル

マルティエルは白羽家(ラフィエル)の執事で、ゼルエルはガヴリールの姉です。

 

この2人はそれぞれラフィエルとガヴリールを溺愛しているため、仲が良くありません。それぞれべた褒めしていまいた。

この2人の関係性は意外だった。戦闘まで発展するとは・・・

 

ラフィエルはそれを眺めていましたが、この光景をガヴリールが見たらどう思うのだろうか・・・

ガヴリールは極力天界に戻らないだろうから、この光景を見ることはなさそうだけど。

 

3. サターニャの両親が下界にやって来た

サターニャの両親がサターニャの勇姿を見に来るために下界にやってきました。

それを知り、サターニャでなくヴィーネが動くという(笑)

まず、ここがおかしいんだよね。ヴィーネが優しすぎるよ。

 

両親は下界にやってきましたが、結局サターニャに会わずに帰りました。

両親の下界での振る舞いを見ると、しっかりと血が繋がっているなと感じました。

 

実際に、ガヴリールたちに会っている姿も見たかったので、2話ぐらいに分けてみても良かった気がしましたが、今後に話を取っているのでしょう。

 

 

 

ガヴリールドロップアウト 11巻

「ガヴリールドロップアウト 11巻」の発売日は未定です。

 

参考までにこれまでの単行本の発売日は以下のようになっています。

7巻:2018年12月22日

8巻:2019年8月26日

9巻:2020年2月25日

10巻:2020年11月26日

 

この傾向を見る限り、5月~8月あたりに発売されるのではないかと見ています。

発売日が決定次第、新たな情報を伝えます。

ではでは