【名言集】サッカー漫画「DAYS」の心に残る言葉(201話~300話まで)

漫画

この記事ではサッカー漫画「DAYS」の201話~300話までの心に残る名言をまとめています。

 

「DAYS」の心に残る名言集は以下のリンクからどうぞ

 

スポンサーリンク

サッカー漫画「DAYS」とは

「DAYS」とは安田剛士先生によって描かれた漫画です。

 

週刊少年マガジンにて2013年21・22合併号から連載され、2021年8月号まで連載されました。

 

~あらすじ・内容~

少年たちは全力で、笑い、泣き、走る!! 心をジンジン刺激する! 激熱サッカー漫画!! ――何のとりえもない、特技もない。けれど人知れず、熱い心を秘めた少年・柄本(つかもと)つくし。孤独なサッカーの天才・風間陣(かざま・じん)。嵐の夜、交わるはずのないふたりが出会ったとき、高校サッカーに旋風を巻き起こす、灼熱、感動、奇跡の物語が幕を開ける!

引用:DAYS(1) (週刊少年マガジンコミックス) | 安田剛士 | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon

 

気になっている方はぜひ読んでみてください。 絶対に面白いと感じると思いますよ。

 

おすすめのマガジンの漫画は以下の記事で紹介しています。

 

201話~300話までの名言集

201話の聖蹟と梁山の試合の後半開始から300話の桜木高校との試合が始まったところまでをまとめています。

ところどころセリフの後に、セリフに対する感じたことなどを書いています。

それでは今回は201話~300話までの心に残った名言・セリフのまとめです。

※私が個人的に特に気に入っているセリフは青文字にしています。

※あくまで選んでいるセリフは私個人が独断で選んだものです。

201話~210話

211話~220話

216話 決意

よくやってくれた

お前のプレーは我々に勇気を与えた

あとは仲間を信じろ

― 中澤勝利

 

218話 託された者

全てはこの・・・

この一撃のために

― 水樹寿人

何度もチャンスがありながら、やっと・・・やっと・・・

ここから聖蹟の逆襲が始まります!

 

スポンサーリンク

221話~230話

223話 持たざる者の誇り

監督に出来ることなど数少ない

ましてや俺のような無能者には

大手を振っては言えない

俺が何かを成し遂げたわけではない

だけど だけど たとえ微力でも

俺が一から作ったチームだ

俺の聖蹟サッカー部だ

― 中澤勝利

 

226話 備える人

年間を通してあるかないか・・・

ないかもしれん

なければないで構わん

しかしあった場合確実に止めねばならん

今帰仁 GKとはそういうポジションだ

― 猪原進

猪原のGKとしての心得ですね。

GKというポジションはサッカーにおいて一番特異なポジションであることは間違いないですし、GKならではの難しさがあると思います。

 

228話 その理由

苦しい時は苦しいと言ってもいいんだ

でも今は示すときだ

もう迷わない

― 柄本つくし

 

230話 あの日の約束

あいつの背中は雄弁だと思う

どんな言葉より俺たちのことを勇気づけてくれるんだ

― 笠原淳平

 

231話~240話

233話 決意の宣誓

俺が自分で決めてここに立っているんだ

自信じゃない 必要なのは覚悟だけ

誰だってそうだろ

― 碇屋良介

DAYSの名言で個人的にかなり好きな言葉です。

トップ5を選んだら、確実に入ってきます。

就活の面接前はこの言葉を思い出しながら、面接を受けてました(笑)

 

234話 大いなる呪い

与えられた者には権利はあるが別に義務ではないのだ

才能というのは宿命だ

大いなるそれは呪いに近い

漫然とただボールを蹴るなら

足を洗うことを勧める

必ず不幸になる

― 水口前監督

 

235話 選ばれし者の重責

人は誰だって自分の足で選んだ道を歩くべきなの

あなたには才能がある

だけどその才能があなたを幸福にしてくれるとは限らない

少なくとも誰かの用意したエスカレーターでは

人は幸福にはなれない

― 水口監督

 

236話 ある証明

証明しましょう

今この場で

私たちの決断が間違いではなかったこと

サッカーを選んだこの人生が決して間違いではなかったことを

― 水口監督

 

スポンサーリンク

241話~250話

241話 土と風

掴んでも掴んでも

多くのものを取り零してきたから

悔やんでも悔やみ切れねえ

だけど だけど

零れ落ちていった砂たちは

それでもここに

行こう そう決めたんだ

この荒野をこの仲間たちと

― 風間陣

梁山戦での風間の勝ち越しゴールの後の言葉です。

長かった梁山戦もやっと一区切りです。

つくしから風間のゴールだったのがとても感慨深いです。

 

243話 喝采を君に

私たちは本能的には知ってるんでしょう

ただこれがなかなかできない

どんな立場でも どんな結果でも

目の前の物事に対して我々にできることは微力を尽くす

それ以外ないと

― 中澤勝利

サッカーを問わず、何に取り組むにしても微力を尽くして、目標に向かって頑張る。

それしか、勝利や成功は得ることができませんからね。

 

250話 SF作戦

周りの評価で勝敗が決まるわけじゃない

俺たちはいつだって挑戦者だ

泥臭く勝ちに行こう

― 臼井雄太

さすが臼井軍曹!

いつでも謙虚さを忘れずに挑戦者の立場から望む姿はさすがです。

 

251話~260話

259話 これまでで最高

1対1に負けるな

ボールを持ったら自信を持ってプレーしろ

最高の自分をイメージするんだ

お前たちなら必ずそれを超えられる

それでもダメだった時は俺に回せ

最後は俺が何とかする

絶対勝てる

― 平源一郎

 

スポンサーリンク

261話~270話

 

271話~280話

271話 死神の素顔

終わりにする

頼るだけの関係を

僕らは仲間なのだから

― 猫谷陽助

 

274話 ALIVE

臓腑に刻め

奴らにやらせるな

自ら仕掛けろ

先手を取れ

後手を踏ませろ

それにこそ必然が生まれる

― 千手理人

 

278話 平源一郎という男

個人の責任は誰の身にもある

それに気づかないふフリをしてるだけだろ

己にないものを目指して破滅しようが

そこに蓋をして風化させようが

好きにすればいい

― 平源一郎

 

280話 確かな足跡

勝っても負けても

3年生が引退しても

卒業して学校で会うことがなくなっても

全てがなかったことになるわけじゃないだろ

君らが過ごしたその日々は確かにそこに存在んだよ

― 英二

英二さんのありがたい言葉です。

中学や高校時代にともにチームメイトだった友達と今でもたまにボールを蹴ることがあり、本当にその通りだなと感じました。

 

スポンサーリンク

281話~290話

284話 リスペクト

99.99%報われないとしても努力しなくていい理由にはならない

― 鈴木栄太

成功した人は天才だったなどと言われることがありますが、成功した人も必ず努力をしています。

なかなか成果が出ないだけで、諦めたらそこで終わりですからね。

何に取り組むにしても努力するしかありません。

 

288話 車両

一瞬でも偶然でも俺は忘れない

お前たちもそうだろ?

それぐらいこの車両は居心地が良かった

それで十分だ

― 臼井雄太

車両での例えは本当に的を得ていると思いました。

そのチームでチームメイトだったことは本当に偶然が集まったものですからね。

 

291話~300話

291話 困惑

誰も誰かの代わりになどなれん

また誰か一人のチームでもない

それが聖蹟だ

― 中澤勝利

 

スポンサーリンク

まとめ

以上が、201話~300話までの個人的に心に残った名言のまとめです。

皆さんも心に残る言葉が何かあったでしょうか。

共感する言葉があったなら嬉しいです。

ではでは

コメント

タイトルとURLをコピーしました