気ままな雑多日記

2020年6月よりブログを始めました。アニメ、漫画、ライトノベルなどについて記事を書いています。読者登録数200人を突破!気軽にコメント、いいね、読者登録してくれると励みになります。読者登録は基本お返しし、ブログに遊びに行きたいと思います。

【感想】仲間たちとの再会!「ダーウィンズゲーム 21巻」ネタバレあり

この記事では2020年8月6日に発売された「ダーウィンズゲーム 21巻」の感想を書いています。

ダーウィンズゲーム 21 (少年チャンピオン・コミックス)

出典元:「ダーウィンズゲーム 21巻」表紙

 

 

ダーウィンズゲーム 21巻

あらすじ

2人のゲームマスターの力を借りてシブヤへと帰還したカナメ。そこで目にしたのは記憶にある風景とは程遠い荒廃し変わり果てたシブヤの街であった。サンセットレーベンズのアジトへ向かうもそこに仲間の姿はなく、途方にくれるカナメの前に2人の幼い姉弟が現れ…!?

 

 

感想

異世界から戻ってきたカナメ
2人のゲームマスターの力で異世界からシブヤへとカナメだけが戻ってきました。
 
シブヤには仲間どころか人は誰もおらず、クマやマンモスのグリードが街中を徘徊していました。
仲間たちの安否を心配するカナメですが、電波が通じるところで連絡を取ることができ、仲間たちの無事を確認することができました。
 
メッセージに既読がつき、カナメが涙を流すシーンはグッときました。
仲間たちがどうなっているか、この世界の状況はどうなっているのか気になることが多いです。
 
合流地点へ
電波がつながっていた時にレインから座標が送られ、昨日出会った姉弟とともに合流地点を目指すことになりました。
 
合流地点を目指す際にビルの屋上から橋の偵察をしていると、トンボのグリードに見つかりましたが倒すことができました。
しかし、突然その場に光の格子が現れ、クマのグリードが出現しました。
 
トンボが獲物を発見し、見つけ次第クマのグリードまたはマンモスのグリードが転送される。
最悪のコンボですね・・・
 
その後、橋を渡る際にトンボのグリードに見つかり、マンモスのグリードが転送されました。
なんとかマンモスを倒し、橋を渡り切りましたが、何度もこれをされたらカナメも姉弟を守り切るのは難しくなりますね。
 
その後、なんとか合流地点に辿り着くとレインが残していったバックがあり、その中には水と食料が残されていました。
 
仲間たちとの久々の再会が近づいていますね!
 
仲間との再会
夜中に休んでいると車の音が聞こえ、その正体はリュージとスイでした。
スイの見た目が全然違う!!!
なぜかというとカナメたちがいなくなってからこっちの世界では5年が経っているためでした。
その後、キャンプへ帰る途中にレインと会い、新生Sレーベンズのアジトでオージと士明と久々の再会を果たしました。
 
みんなの見た目が変わっていて、とても新鮮な印象を受けました。
また、5年も経ったことから戦闘力もみんな上がっているらしく、特にスイに関しては期待してます。 
 
世界が変わってしまった理由

次に、世界はこのようになってしまった理由については以下のことが挙げられます。

  • 食った人間に化けることができる人型グリードが存在すること
  • グリード同士が相互に通信し合い、情報を共有することができること
  • 特定の座標へ自由にグリードを転送できること
グリードはかなり厄介ですね。
 
このグリードたちは数に限りがあるのか分かりませんし、どうやって倒し切れば良いのでしょうか。
また、キャンプ内へ直接転送してくる描写はないことから、ある程度座標は決められているっぽいです。
 
 
21巻の最後はカナメがオボロに呼び出され、一人で会いに行きました。
そして、両者は一戦交えるようです。
決着は着かないとは思いますが、どのような戦闘になるか楽しみですね。
 
 

ダーウィンズゲーム 22巻

19巻は2019年12月6日
20巻は2020年3月6日
21巻は2020年8月6日
に発売されたことから22巻は早くて2020年11月頃、遅くとも2021年1月頃には発売されると考えられます。
正式に決定したら追記しておきます。
ではでは